ニキビ治療の使える情報

肌を露出する季節がやってくると、無駄毛処理の方法に悩みます。

除毛は処理による痛みもなく手軽に行える方法ですが、すぐに伸びてきてしまうので、短期間で処理を繰り返さなければならなくなります。

しかも、除毛直後であっても黒いポツポツが目立つこともあり、できれば脱毛を行いたいと思う人も多いようです。

脱毛に関する知識がないと、毛抜きを使用して目立つ部分を処理することが多いようですが、実はこの方法での脱毛は様々なトラブルを引き起こすことがあります。

例えば、毛を引っ張る時、肌の状態や毛の強度、引っ張るタイミングによって、途中で切れてしまうことがあります。
途中で切れた毛は皮膚の表面に出てくることができないので、皮膚の下で成長することになります。

これが、代表的なトラブルとして取り上げられることの多い埋没毛です。


一度埋没毛になってしまうと、なかなか脱毛することができずに、無駄毛のない綺麗な肌にすることができません。
そのため、何とかして抜いてしまおうとして、皮膚に傷をつけて無理やり毛の先端を皮膚の上に出して脱毛しようとすることがあります。

このような処理を行うと、肌の傷ついた部分からばい菌が入ってしまうので非常に危険です。

ニキビ跡の有益な情報のご紹介です。

埋没毛を無理やり抜いた後の肌は、赤く炎症していることが多いのは、このためです。


毛抜きによる脱毛には、それ以外にも手の届かない範囲の処理が行えないといったデメリットがあります。

自宅で確実に脱毛を行い、処理間隔をあけることができる方法は、やはり家庭用脱毛器でのレーザー脱毛です。

レーザー脱毛はメラニンに反応する特殊な光を用いて脱毛し、毛母細胞にダメージを与えます。



毛母細胞は無駄毛の成長に欠かせないものですので、無駄毛が生えにくくなり、処理間隔をあけることができるようになります。

レーザー脱毛は休止期の無駄毛を処理することはできませんので、休止期の状態だった無駄毛が成長して表面に出てきたら、再び処理を行うようにします。